コンセプトエール

オリジナルのコンセプト賃貸をプロデュースして  楽しみながら満室経営を続けたい不動産オーナーを応援します

初めての方へ

代表 久保田大介よりのメッセージ

コンセプト賃貸の普及を目指して

当ウェブサイトをご覧くださり、ありがとうございます。
コンセプトエール代表の久保田大介です。

当社は個性あふれるコンセプトを有する賃貸物件(コンセプト賃貸)の普及と発展を願って、不動産オーナーを対象としたコンサルティング事業と、ウェブマガジン「ワクワク賃貸®」の配信を行っています。

サイトをご覧いただくにあたり、私がなぜコンセプト型賃貸物件づくりに取り組むようになったのか、その想いをお伝えしたいと思います。

 

金太郎飴のような賃貸住宅ばかりでいいのだろうか?

これまで賃貸住宅と言えば、金太郎飴のごとく、画一的な、個性に乏しい建物ばかりで、それがどの街にあるかで家賃が決まっていました。
もちろん、間取りや内装、設備やサービスで差別化を図る物件はありますが、私には平準化された範囲を逸脱していないように見えます。

そして借主さんたちは、自分の趣味を思う存分楽しんだり、お気に入りのライフスタイルを貫いたりできるような家に住みたければ、「自分で買って好きなようにつくったらいい」とあっさり言われてきました。

しかし自宅を購入することで、得られるものもあれば失うものもあります。
たとえば住宅ローンに縛られ、趣味に使うお金が乏しくなることもありますし、暮らす街、家の広さや間取りが固定されてしまうことによる弊害が出てくることもあります。
転勤で引っ越しを余儀なくされる方もたくさんおられるでしょう。

所有することに価値がある時代は終わり、多くのものをシェアして生きる時代に変化してきたという時代背景もあり、“生涯賃貸派”を名乗る方も多く現れるようになりました。
それでも自分の好きなことをして楽しめる家に住みたいのなら、家を買うべきだ、という考え方は時代に適しているといえるでしょうか?

私はそうは思いません。
賃貸住宅でも趣味が思いっきり楽しめたり、自分の“好き”をとことん追求できたりする物件が増えていってほしい、いや増えていくべきだ、と考えます。

 

空室率20%の時代の賃貸経営を乗り切るために

この考え方は「空室率20%」を超える勢いの、不動産オーナーにとっては厳しい賃貸経営を迫られている時代の救いとなるのではないかとも私は思っています。
実際に、私がこれまでコンサルティングさせてていただいた賃貸物件は、常時100%近い稼働率を維持しており、無名の街にあっても「この物件があるから、私はこの街に来ました」との声を入居者さんたちから聞かせていただいてきました。

また、「ワクワク賃貸®」の取材を通して、楽しく面白いコンセプトを持った賃貸物件も数多く拝見してきました。
それをつくったオーナーさんや管理会社さんの想いを伺い、そこで楽しそうに暮らしている入居者さんたちの顔を間近で見ていると、賃貸物件でもこんなに多くのしあわせを提供できるのだと嬉しい気持ちでいっぱいになります。

 

うまくいかない事例から学んだこと

しかしその一方で、せっかくコンセプト賃貸をつくったのに、なかなか満室にならないとか、オーソドックスな物件では考えられないトラブルに見舞われるなどの事例も目にしてきました。
そうした、うまくいかない物件を研究していくと、課題がくっきりと浮かび上がり、その解決策も見えてくるようになりました。
その“気付き”をお伝えすることで、競争力の強い物件に生まれ変わる様を確認できることは大きな喜びでもあるのですが、同時に、たくさんのオーナーや管理会社が同じ問題でつまづいていることもわかり、もったいないなあという想いが強く込み上げてくるようになりました。

 

解決策のない課題はない

また、自分が携わらせていただいたコンセプト賃貸が完成したのち、リーシングにも関与していると、しばしば大きな壁にぶち当たります。
たとえば、楽しいコンセプトがある物件でも、既存のポータルサイトではお部屋探しをしている方に、その存在すら伝えることが難しい状況です。
ネコを多頭数(上限5匹)飼育できるマンションをつくっても、ポータルサイトには「ペット可」という検索項目しかなく、小型犬じゃなくネコが飼えるんですよ、しかも5匹も飼えるんです!というメッセージがネコをたくさん飼いたい入居者予備軍の方たちに届きません。
本物のアンティーク家具がついているマンションをつくったときも、「家具・家電付き」という検索項目はありますが、それではアンティークであることをわかっていただけません。
この状況を打破するためにどうしたらいいか、悩みながらも工夫を繰り返すうちに、いろいろなノウハウが産まれてきました。
念ずれば通ず、解決策のない課題など実はそんなにないものだと、今となっては思います。

 

しあわせな賃貸ライフを送ってほしい

こうした経験を積み重ねてきて、見出したノウハウを多くの不動産オーナーに伝え、そのオーナーの趣味や専門性、エリアの持つ魅力など“強み”を活かしたコンセプト賃貸をたくさん世に送り出していただきたい。
そして毎日ワクワク、楽しみながら暮らせる賃貸物件がここにあるんだよ!という情報を入居者予備軍の方たちにきちんとお届けし、しあわせな賃貸ライフを送っていただきたい。
この願いを実現させるために自分ができることを身の丈にあったサイズで行っていこう。
それがコンセプトエールを設立した理由です。
この想いに共感してくださるオーナーと出会い、そのオーナーならではのコンセプト賃貸づくりのお手伝いできたら、そしてまたそこで暮らす方たちの喜びの声をこの耳で聴くことができたら、事業者としてこれに勝るしあわせはおそらくないでしょう。
コンセプト賃貸の明るい未来を、オーナー、入居者さんたちと一緒に築いていきたいです。

 

投稿日:2019年4月2日 更新日:

Copyright© コンセプトエール , 2020 All Rights Reserved.